今日は・・・

留学してた時の『ホストファミリー』が亡くなったのを知って

今日はかなりへこんでた。

仕事中は考えないようにしてたけど やっぱ出てきちゃって 気を引締めないとすぐ 『うるっ』としてしまった。

 

ずっとずっと気にはしてたし すっごい逢いたかった人でもあったの。

英語が全く出来ない私をジェスチャーとかで必死に教えてくれた。

アメリカの生活』を教えてくれた人だった。

向こうも初めて『留学生受け入れ』だったので お互い初めてだったから どうして良いのかさっぱりわからず手探り状態だった。

半年も過ぎた頃 私は いろんな体験をしてみたいと他のホストファミリーに行く事を決めてその想いをその人に告げた。

その人はひどく悲しんでくれた。家を出る直前まで『行かないでくれ!!』と毎日、毎晩、顔合わす度言われてた。

 

・・・なのに私は出て行った・・・

 

 

それが最後・・・

 

何度かロスには行った。

その度 行きと帰りには必ず寄ってたんだけど 留守だったから逢えなかった。

年数が経ち…ロスに住んでいる友達も居なくなってしまった。

ので 私もすごい気にはしてたけど…ロスには行かなくなった。

 

夢の中で何度か出てきてくれた…

私は 必死にその人の名前を呼んで探しているけどみつけられないの…

迷ってしまうの。

確かこの近くなのに!!って探しているんだけど みつからないの…

あなたは いつも窓辺で遠くを見てた…

そんなあなたを探している私…

同じ夢を何度も見ている。

いっつも見つけられない…

 

・・・確かによく見た『時期』があった・・・

 

あれはどれ位前??

このブログに書いてないかな??

もっと前かな?? 何かに書いてないかな??

探してみるか…

もしかしたら あなたが亡くなった時を知らせてくれたかもしれないね…

 

 

はぁ~…辛い…

最後のお別れがあんな形で終わりにしてしまった事…

何度かカードを送った事もあったけど 返事はなかった…

と言うか…文字を書くのが苦手な人だったから…あと私の名前は外国人の人には

難しい発音みたいで 違う名前で呼ばれていたからわからなかったのかも…

もう ロスに行っても逢えないなんて…悲しいよ…

また 笑顔でハグしてよ…

 

ごめんね…

あんなに『行かないで!私のエンジェル!!』お願いしてたのにね…

あの日を思い出して 胸が締め付けられる…

夜…夜中…部屋にノックが響き ドアを開けるとあなたが立ってた…

『考え直して!行かないで!お願い!』あなたが言った。

私は理解してたが 『知らない振り』をした。

あなたは がっかりうなだれた。

私は何事もなかったように『おやすみなさい』と言ってドアを閉めた。

数秒後にあなたが去る『音』がした。

 

引っ越し当日…

友達たちが引越しの手伝いをしてくれて さぁ~最後の挨拶…って時に

あなたは私にハグをして耳元で『行かないで…考え直して…お願い!私のかわいいエンジェル…』と言ってきた。

私は『時々寄るよ!じゃ~またね!』とハグした背中にポンポンとして離れバイバイした。

 

 

ホントにこれが最後のお別れになった…

 

 

鮮明に流れる私の映像…

辛い…

 

今の私に何ができる??

ホストファミリーと言っても 『その人と私』の2人暮らしだったから…

家はもう売られてた。

一回だけ『娘家族』を紹介してもらってご飯食べに行った。

ただその時は全く英語がわからなかったから 『地獄の時間』だった

家など覚えてないし…名前すらわからない…

 

お墓参りなどできるものなのか?

ってか どこにあるの?

家族と連絡取りたいけど 私英語できないし…

その前に どうコンタクトするかよ…

コンタクト取れないじゃん!何もわからない…

どう情報得ればいいの??

う~ん・・・

何かしてあげたいんだけどな…私が出来ること…

 

 

 

げっ!!3時半!! マジか!!

寝るか…

睡眠薬が全然効かない…

はぁ~…

 

 

 

今日はココまで…

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい。