読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬのも難しい。

いつ死んでもいいや…

 

と思いながらも 眠れない時、不安すぎる時は 『薬』 を飲んでる。

頭が痛い時、胃もたれの時も それらを抑える『薬』を飲む。

 

壁にぶつかったり、転んだり、何かで切ってしまった時には 『湿布』貼ったり、『消毒』したり、『絆創膏』つけるなどしてる。

 

風邪っぽかったり、腹壊したり、熱がある時は 胃袋にやさしい『食べ物』を作って食べる。

 

 

 

・・・・・・生きようとしてる・・・・・・

 

 

 

 

死んでもいいや…と言いながら

 

 『避難用リュック』にがっつりいろんな物詰め込んで用意してる。

 

 

・・・・・・矛盾している私・・・・・

 

 

 

死んでもいいや…と言いながら

 

偏頭痛が痛すぎて立つ事さえもできず、薬の時の水以外 食べるのも、飲むのも出来ない状態の時 ちょっとだけある意味 一歩 死に近付いたのに 私は必死に『薬』を飲み、こめかみと後頭部の首と頭が繋がっているところって言うのか…その辺『湿布』を貼ったり、アイスノン使ってみたり…治そうとしてる。

”痛いのとか勘弁してよ!!痛いの早く治って!!” と心で叫んでいる。

 

 

・・・・・・・・生きたいのか?私?・・・・・・

 

 

いやいやいや・・・・なんて言うか・・・・

 

『痛い、苦しい、吐き気』 とかは嫌じゃん!

誰もそうだと思うけど 眠るように死にたいじゃない。

それか 気が付いた時には 死んでた・・・みたいな・・・

 

んで 私が今持っている 『睡眠薬』 何錠くらい飲んだから死ぬのか調べてみた。

寝ながら死ぬ・・・定番じゃない??

よく 映画やドラマ、マンガにでるワンシーンみたいな・・・

 

調べてびっくり!!

3000錠以上飲まないと死ねない!!!

全部飲み終わる前にお腹いっぱいになったり 逆に吐いたりしちゃいそう!!

読んでみると・・・・

 

全部飲む前に薬が効いてしまうので 死ぬ事は出来ない。・・・・って!!

 

しかも それを家族がとか友人が見つけて救急車を呼ばれると それからの

対処方法が『地獄』らしい!!

もうろうとしているところから意識戻るまでの時間とその間に対処される工程をこと細かく書いてあるの…

まず 運ばれる時は 寝てる状態だよね。

病院についたら 尿道間にチューブ入れられるんだって!もらしちゃうから

入れる時は 意識ないから いいけど 抜く時が めちゃめちゃ痛いらしい。

鼻からチューブ入れて 塩水?注入しては吸出しの繰り返しで胃をきれいにするらしい…この時に 大体意識戻ってくるらしい…そしてそれが苦しくて『地獄』らしい。

気が付くころには 体中チューブだらけなんだって!!

本来入らないところにいろんなチューブが入っているから違和感しかないみたいだし

きついみたい・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・うわぁ~~・・・・私そんなの嫌だわぁ~~~・・・・・

全て意識ないときに終わらせて!って感じ・・・

 

 

うぉ~い!!生きようとすなっっ!! 

 

 

昔 誰かから聞いた事がある・・・

 

 産まれる時も死ぬ時も『ひとり』で『苦しむ』って。

その経験をしないと 生まれないし 死ねないって・・・

 

その向こう側に『世界』があるのね~…

 

 

 

生まれるのも死ぬのも難しいわねぇ~・・・・・・

 

 

 

 

 

生きているのも辛いんだけどねぇ~~~~・・・・難しいわ・・・

 

 

 

 

 

 

 

う~~~~ん・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかなぁ~~~~~~~~~~~~阿藤快の言葉でも言っておくか・・・・・・

 

!!!!!!!!!!!!!えぇぇ~~~~~~~~~~???阿藤快亡くなってたの?? なんかショック・・・・突然死って・・・・

 

人間いつ死ぬか ほんとわからないものね・・・・

 

 

 

 

 

 

 

おわり。